奈良 Vol.6 ならまち

猿沢池を通り「もちいどの通」を抜け「ならまち」へ。

c0186410_2012455.jpg

町のあちらこちらに貼られていたポスター、とても可愛らしく、また写真が素敵でした。

格子戸の町家が連なりまるで昔にタイムスリップしたかのような町並み。ならまちの中心にあり、「庚申さん」と呼ばれている「庚申堂」。飛騨の「さるぼぼ」に似た「身代わり猿」が飾られています。「身代わり猿」は魔除けとして、町内の家々の軒先に吊るされていましたが、何故は見かけたのは庚申堂の周りだけ。すこし離れるとまったく見かけないのが不思議でした。
c0186410_2018256.jpg


「ならまち格子の家」
格子や土間、箱階段や坪庭など江戸末期の町家が再現されている。実際に上がって見ることも写真を撮ることも出来るのに無料だなんて申し訳ないほどでした。
c0186410_2037157.jpg


大正10年の創業以来、蚊帳の製造を行ってきた奈良町の老舗の一つ「吉田蚊帳」さん。今も蚊帳を製造して販売しているそうですが近年、蚊帳を知っている人が少なくなってきたので現在は、蚊帳生地を使って様々なもの製造販売しています。ランチョンマットやふきんを買ってきました。
c0186410_20185191.jpg


偶然見つけた築100年の町屋を改装した「一福茶屋」さん。吉野の本葛を使用した葛料理や葛菓子が食べられる有名店「天極堂」さんのカフェだそうです。奈良に来たらやっぱり葛を食べてみなくちゃ。
c0186410_20193920.jpg


「一福茶屋」さんを出た頃にはすっかり夕暮れ。
世界遺産にも登録されている元興寺(がんごうじ)から見た夕日。
c0186410_20502359.jpg


「もちいどの通」で買った「五色鹿」
c0186410_8255150.jpg


お夕食はもちろん「柿の葉寿司」
c0186410_20515859.jpg


明日はあれを見に行ってみよう~
by cathrine627 | 2010-02-22 20:48 | お出かけ | Comments(0)

日々の事、趣味のこと・・・気ままにつづっています


by cathrine627