伊勢旅行 Vol.3

カフェでお腹がいっぱいなのに懲りずに松坂牛まで食べちゃったのに・・・

またまた
c0186410_8473788.jpg

氷で冷やされているのを見ていると涼しげで・・・つい
c0186410_8474287.jpg


やっと『内宮』へ

内宮への入り口、日常の世界から神聖な世界へのかけ橋といわれている五十鈴川にかかる宇治橋
c0186410_849459.jpg

橋の下には綺麗な水が流れていて学生時代に来た時に感動したのに・・・川が〜
c0186410_8522287.jpg

水が全然ないんです。
もちろん御手洗場(みたらし)もおたまじゃくしのいる溜まり水だけで手を入れるのを躊躇われましたが心身ともに清めなければね。

暑い中砂利道を歩くのでもうクタクタ。泊まりで良かった〜 以前日帰りで来たことがあるんです

今晩の宿泊地はまだまだ遠いのよ〜 がんばれ〜
でも遠いバス停まで歩く気も起きず、駅まではタクシー こちらのタクシーの運転手さんは皆さん感じが良くてホッとします。京都で以前やっちゃんの様な運転手さんに遭遇して以来毎回緊張します。

宿泊地に選んだのは賢島。小説で有名なホテルもあるリゾート地

シャトルバスでホテル到着。

お夕食の時間を聞かれたのですが、ここは綺麗な夕日が見られることで有名な場所ですから日の沈む時間をお聞きしその時間を外してもらいました。

メゾネットのお部屋の大きな窓からの景色。広い庭園の先に湾が広がっています。
c0186410_917824.jpg


庭園の先の展望台で夕日を見ようと向かったのですが、あいにく雲がありダメでした。
c0186410_9201894.jpg

東側にはお月さま
c0186410_9205573.jpg

夕暮れにはイノシシや狸などの動物が出るから気をつけるようにと言われているので足早にホテルに戻ってお夕食。

お夕食は夏期などの繁盛記はビュッフェ形式のようです。
伊勢うどんや手捏ね寿司などの郷土料理をはじめサザエ、アワビや伊勢エビ、そしてお寿司のカウンターやステーキを焼いてくださるコーナーもあり満足。

お夕食の後はのんびり温泉に浸かって疲れを取ってから就寝。

翌朝は朝食前に子供達を起こして海水浴場までお散歩。せっかくここまで来て寝ていたら勿体ない

道を歩くとたくさんの蟹に出会います。
c0186410_9374916.jpg

湾なので波のない海水浴場 私的には物足りないなぁ〜 水泳部ですから
c0186410_941376.jpg

海を見つめるカメラ女子(娘です)
c0186410_9412091.jpg

誰もいない海水浴場は静かでのんびり 海も空も雲もきれい。
c0186410_942362.jpg


ホテルに戻って朝食を頂いたらアレに乗ろうね!!
Commented by chuue at 2013-09-04 23:36
海を見ながら娘さんは何を想ってるんでしょうね。
ピンクのカメラが似合ってますね!
Commented by cathrine627 at 2013-09-05 11:27
chuueさん、たぶんたいしたことではなく「暑い!」とか
「焼ける〜」なんて思っていたんじゃないかしら?
ニコンの限定色で全てピンクなんですよ。
by cathrine627 | 2013-09-01 08:46 | お出かけ | Comments(2)

日々の事、趣味のこと・・・気ままにつづっています


by cathrine627