ブログトップ | ログイン

Mein Alltagsleben  〜カメラとおでかけ〜

松江 & 出雲への旅 vol.4

なかなか進まないブログアップ。今日は意を決して早朝からMacBookをスタバに持ち込み、一気にアップ。

あんなに可愛い「おふく焼き」↑でしたが、雨と寒さでだ〜れも食べている人がいないの。
鉄板にいっぱい並んで焼かれているところを撮りたかったなぁ
私たちのも既に焼かれて保存されていたもの・・・焼く様子もないので諦めて次へ向かいましょう

こちら↓は某女性歌手のご実家
c0186410_854313.jpg

出雲大社から直ぐの好立地。
この日はクリスマスイブでしたので「雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう Silent night, Holy night・・・」などと出雲に似つかわしくないけれど、旦那さまの代表曲を口ずさむ私。娘から「いいから〜」と突っ込まれ止めました。

可愛い雑貨屋さんを見つけ入っていましたが、本業は漢方専門の薬局のようです。
c0186410_90121.jpg

若い店主さんのアイデアで古いイメージの漢方薬屋さんもこんなに明るくて素敵♡ 
c0186410_911933.jpg

お勧めされたお茶ですが、もういらないかなぁ(笑)

またまた素敵なお店を発見。青いポストが目印?
c0186410_954617.jpg

c0186410_954985.jpg

周りに調和したしもた‐や【仕舞た屋】には作家さんの作品が素敵に陳列されていました。何時間いても飽きない感じ こんなお家でお店ができるなんて良いなぁ このあと私の妄想が始まったのは言うまでもありません。 妄想? いえ、イメージトレーニングです!!

ここから雨の中向かった先は・・・遠かったぁ
c0186410_913560.jpg

明治45年(1912)に国鉄大社駅の開通により開業され、大正13年(1924)2月に新たに改築されたJR大社駅。純日本風の木造平屋建ての建物ですが、JR大社線が平成2年(1990)3月31日に廃止され、その後旧大社駅舎は平成16年(2004)国の重要文化財に指定されましたそうです。

大正浪漫の建築美、高い天井からはシャンデリアが備え付けてあります。待合室は正面向かって右手が二等待合室、中央の大きな一般待合室と二つあり、昭和初期までは分けて使用されていましたとのことです。
c0186410_9373137.jpg

改札口がたくさん
c0186410_937397.jpg


ホーム
c0186410_9374798.jpg

c0186410_937556.jpg

アートフィルターを使って↓
c0186410_9414362.jpg

反対側のホームから
c0186410_950455.jpg

中にはカフェらしきものがあるのですが、この日はお休み? まぁ、私たち以外誰もいないしね。
ちょっと怖い感じ、一人じゃなくて良かった

そろそろ出雲市駅に戻ってランチを済ませ、空港に向かわないと時間がないわ。
電車の本数が少ないから逃したら大変です

一畑電車の出雲大社前駅へ向かう途中の白い大鳥居。ここから真っすぐ大社さんの入り口の鳥居まで見えました。高さは出雲大社本殿より1m低い23m、柱の周囲6m、直径は2mの鉄筋コンクリートの鳥居で、中央の額は畳6畳敷きの大きさだそうです。下からだと小さく見えるけど・・・
c0186410_1054687.jpg


一畑電車の出雲大社前駅はステンドグラス風の窓があり、1996年(平成8年)に国の登録有形文化財建造物として登録されたそうです。
c0186410_1081661.jpg



つづく・・・
by cathrine627 | 2014-01-21 08:50 | | Comments(0)