絶景5景めぐり

1年ぶりのブログ更新。

桜の時期の千葉への旅行を骨折のために余儀無くキャンセルしたため、『一生に一度は目にしたい絶景5景めぐり』のご案内メールを見たときに心が動きました。
もちろんギブスが外れ、順調な回復を確信してから申し込みましたよ。

一人で行こうと思っていたけれど息子の予定と合ったため息子と二人での参加。
今回初登場のツアーだそうですが人気のためかバス3台でしゅっぱ〜つ。でもこの3台は目的地は同じでも回るルートが違うそうで、激混みは回避できそうです。

私たちのバスは先ずは絶景を望む「鋸山」へ
目的地は「地獄覗き」
c0186410_9211342.jpg

晴れていると海が見えるそうです。「地獄のぞき」へ向かうにはキツ〜イ階段を登りますので、これを見て,
行ってみたくなった方は覚悟して行ってください。「この階段が地獄」かと思うほど、まさに苦行です。

この後、「千五百羅漢」を見て、先ほど見逃してしまった「百尺観音」を見るためにちょっと戻りました。
切り通しを抜けると山肌を削って作られた観音様が現れます。
c0186410_1093070.jpg

圧巻です。 かつてバーミヤン渓谷にあった像を思い出させられました。

次は無人島『仁右衛門島』へ向かいます。
砂岩で出来ている太平洋に浮かぶ、個人所有の島は1180年、石橋山の戦いに敗れた源頼朝が安房に逃れた際、平野仁右衛門に助けられ、この島で平家軍から一時身を隠し、巻き返しを図ったと言い伝えられるそうです。
島へは手こぎ二丁櫓の舟で渡ります。
c0186410_10561074.jpg

島内も本を持ってきて海を眺めながら、のんびり過ごしたいなぁ〜と思わせるような場所でした。
船着き場のある太海の長閑な漁師町と言った印象。
カメラをやっていなければ心惹かれることがなかったかもしれないけれど(ごめんなさい)、カメラを持ってゆっくり撮り歩いてみたいねと息子と意見が一致。
c0186410_11122539.jpg

c0186410_11124079.jpg


次は行ってみたかった『濃溝の滝』へ
ハート型の光を見るには時期や時間も関係するそうですが、今回はとりあえずのロケハン。
c0186410_11291854.jpg

想像していたよりもずっと広く大きいのでびっくりしましたが、緑豊かで良い所。
女性一人でも来ても大丈夫ね。

道の駅に寄ってから、次の目的地へ。

by cathrine627 | 2016-05-26 09:35 | お出かけ | Comments(0)

日々の事、趣味のこと・・・気ままにつづっています


by cathrine627