しょうぶ・あじさい祭り

明日から家を空けるので残していく家族のためのお食事作りや準備に忙しいのですが、朝からお天気も良いしジッとしていられない。
町田薬師池公園四季彩の杜で「しょうぶ・あじさいまつり」が開催中と聞いて久しぶりに行ってきました。
何十年ぶりでしょう? 昔、駐車場はタダだったような気がしますが有料になっていました。

池では亀さんが甲羅干し中
c0186410_18193816.jpg

睡蓮も少ないし・・・と途方に暮れているとカメラおじさまが「あそこにカルガモ親子がいるよ」と教えてくださいました。
c0186410_18210492.jpg

池でちょっと泳ぐと早々に陸に上がり、
c0186410_18233947.jpg

c0186410_18243693.jpg

あじさい山を登って行ってしまいました。
c0186410_18265209.jpg

あじさいは終わり気味
c0186410_20060637.jpg

花菖蒲は見頃を過ぎていましたが、枯れたお花を摘む女性たちの衣装が雰囲気があって良かったわ〜
c0186410_20114575.jpg

c0186410_20344090.jpg

蓮の花はこれから
c0186410_20351974.jpg


by cathrine627 | 2017-06-24 18:10 | お出かけ | Comments(0)

伊豆の下田へ vol.2

下田の街を散策がてら駐車場へ戻ります。

いたるところに足湯や手湯があります。温泉を引いている一般家庭などで余って捨て流していた温泉を利用していると聞きました。

「いいカメラ持っているね〜」と声をかけてくださったおじいさん、「この山を登ったらあんたの撮りたいものが撮れるよ。小さなこの街が一望さ!!」って私が撮りたいものがわかるの〜?? 
言われた通りに山を登ると
c0186410_13041537.jpg


c0186410_13052281.jpg
いい眺め〜👀 お年寄りの言うことを聞いて良かった。


レトロな水族館にも興味があるけど日帰りの旅だからそうのんびり出来ないので次なる目的地の堂ヶ島へ。

「せっかくだから船に乗ってみよう」って船酔いするよね、私。でも酔い止め常備してるから大丈夫かも?と言うわけで
『洞窟めぐり』へ
c0186410_13103865.jpg
窓があったら写真が撮れないからと船外で立ち見、でも思った以上に揺れて怖い。
船から手を離すのが怖くて設定もピント合わせもうまく出来ず、白とび、ピント外れの写真を量産103.png
晴れていたらもっと海が綺麗だったでしょうに・・・
c0186410_13215736.jpg

c0186410_13254339.jpg


「あそこに行ってみよう〜」
c0186410_13271909.jpg

海に道ができる?トンボロ現象、海にできた道を実際に歩いてみたいと延々ここまで歩きました。
この日の干潮は夕方までのようなので余裕で島に渡れそう。
c0186410_13341101.jpg

c0186410_13353458.jpg
石がゴロゴロで歩き難い、なのに娘は遥か遠く 待って〜!!


テレビニュースの撮影中、地元テレビなのか女性に見覚えもありませんでしたが何人かが声をかけ一緒に写真を撮っていました。
私は女性よりクルーが持っている機材や撮り方が気になるわ。
c0186410_13404353.jpg

早朝から1日たっぷり遊んだ後、ちょっと疲れもあるし撮り足りないので素敵な宿を見つけては電話で泊まれないか聞いてみましたが、GW中に空いている部屋があるはずもなく諦めて帰宅しました。



by cathrine627 | 2017-05-19 12:53 | ドライブ | Comments(0)

上海情趣 vol.5

1930年代に建てられた紡績工場の跡地をそのまま利用したギャラリー街『M50』へ。
上海の現代アート界を牽引し続けている一大スポットで敷地内には国内外から集まるアーティストのアトリエや個性派ギャラリーが点在していました。
c0186410_15281165.jpg

c0186410_15312165.jpg

c0186410_15290971.jpg

c0186410_15294543.jpg



明や清時代の面影感じる建物が立ち並んだ 「豫園商城」へ。

九つの曲がりがあることから「九曲橋」と名づけられた緑波池に架けられた橋。「後ろから追ってくる悪霊が、角を曲がりきれずに池に落ちてしまう」 と言い伝えられているそうなので悪霊を追い払うため渡っておきました。
c0186410_19563908.jpg
観光客が必ず行くそうですが、今まで見てきた上海とは違う独特な雰囲気。
いきなり現地の人に「偽物のヴィトン要らない?」と声をかけられました。六本木ヒルズにある南翔饅頭店やスタバがある反面、スリも多いそうですし、屋台のお土産屋さんの商品は言い値。渋るとどんどん安くなっていきます。
c0186410_20031296.jpg



by cathrine627 | 2017-03-16 15:16 | | Comments(0)

上海情趣 vol.4

いよいよ楽しみにしていた蘇州です。

運河の街で「東洋のベニス」と呼ばれているそうです。
c0186410_10434449.jpg

c0186410_10405285.jpg

c0186410_13302109.jpg
ここでは庶民の暮らしが垣間見れます。
看板も何もありませんが、おそらく床屋さん。
c0186410_14492005.jpg

世界遺産『藕園(ぐうえん)』を見学。
清の時代のある地方官僚が退官後、夫人ととも暮らしていた庭園。
c0186410_14322472.jpg

c0186410_14351090.jpg


c0186410_14363264.jpg

c0186410_14382655.jpg

“ 東洋のピサの斜塔 ” とも称えられる 「虎丘」

c0186410_14433227.jpg


by cathrine627 | 2017-03-16 13:24 | | Comments(0)

上海情趣 vol.3

琵琶湖の3倍の大きさがあると言う太湖の内湖・蠡湖(れいこ)へ。

蠡湖公園はとても広く、太極拳に勤しむ男性を発見)
c0186410_09563083.jpg
凧揚げが流行っているのかなぁ
c0186410_10033860.jpg

舟に乗って絶世の美女・西施(中国の四大美女の一人)が晩年を過ごした西施庄へ
c0186410_10083627.jpg
舟の中も素敵でした。
c0186410_10161124.jpg

c0186410_10222653.jpg
c0186410_10204498.jpg


上海は皆、共働き。お子さんの面倒は近くに住むご両親が見るそうです。
下校時間には学校前はお迎えのお祖父様・お祖母様でいっぱいになり、公園などもお孫さんとご一緒の方が多かったです。
現地ガイドさんの説明がなければ遅めに授かったお子さんなのかなと思っちゃうところでした。
c0186410_11014226.jpg

蠡湖は淡水真珠の養殖で有名だそうで真珠研究所の見学とショッピング(お安いツアーではお決まりのショッピング付き)そしてランチの後はいよいよ楽しみにしていた蘇州へ。











by cathrine627 | 2017-03-16 09:39 | | Comments(0)

上海情趣 vol.2

新天地を後にしてお夕食をいただくためレストランへ移動。
中国でのお夕飯は毎回17時、なんだか早い気もしますが日本時間では18時だから妥当なのかなぁ

お夕飯が終わってやっとHotelにチェックイン。
今回の旅の決め手はHotelがリッツ・カールトンだったからなんです。
寝るだけだけど私たち親子はホテル重視派、シャワーブースが浴槽と別の方が好きなんです。
c0186410_21021595.jpg
ホテルでちょっと寛いだらオプショナルツアーの夜景見学に参加
なんと参加者は6人だけと少なめ。と言ってもツアー参加そのものが全部で16人のこじんまりとしたツアーでした。

まずは昼間見たウォーターフロント地区外灘(ワイタン Bund)へ。

参加人数が少ないからとガイドさんが予定外ですがお薦めのケーキ屋さんや
c0186410_21100202.jpg
租界時代の重厚なルネッサンス様式の建物が素晴らしい「和平飯店・Fairmont Peace Hotel」へ案内してくれました。
c0186410_21154835.jpg


c0186410_21163181.jpg

街は昼間とは趣が変わりシック
c0186410_21254197.jpg


c0186410_21213452.jpg


c0186410_21303562.jpg
自由行動で夜景を楽しんだ後は「外灘観光隧道」で
対岸の浦東地区へ向かいます。無人運転のトラムに乗車し
c0186410_22061241.jpg
トンネル内のイルミネーションを楽しみながら対岸へ。まるで遊園地のアトラクションのような乗り物に私たち日本人はちょっぴりワクワク、トラムの中は中国語と英語のナレーションが流れていてどうやらトンネル内は星のゾーン、火山ゾーン、海底ゾーンに分かれているようでした。
帰国後ネット検索して見るとマイナーなコメントがいっぱいありますが、個人的には楽しめました。
                  
c0186410_22063532.jpg

ちょうどテレビ塔の下に到着しました。
c0186410_22162411.jpg
バスで上海ヒルズへ移動。 広角レンズを持って来るべきだったかなぁ?!
c0186410_22183769.jpg
94階からの眺めはいたって普通。もっと街が小さく見えるのかと思ったら周りが高いビルばかりなのでそんなに高い感じがしないんです。
c0186410_22203419.jpg
展望台にあるお手洗いの個室はガラス張りだから一見の価値あり!!とガイドさんがおっしゃるので行ってみました。
お手洗い内の突き当たりの個室だけがガラス張り、ちょうど誰も入っていなかったので見ることができました。
c0186410_22210781.jpg

by cathrine627 | 2017-03-15 20:55 | | Comments(0)

上海情趣 vol.1

纏まったお休みならば選択肢も色々ですが、短いお休みで行かれるところとなると限られアレコレ考えた挙句、未踏の地中国へ行くことに決めました。
初めての中国にドキドキ♡

上海浦東国際空港(シャンハイプードン国際空港)から移動のバスから車窓
c0186410_17414882.jpg

まずは魯迅公園
魯迅の銅像の後ろでは太極拳に夢中の男性が・・・
c0186410_17542525.jpg

公園のあちこちではトランプを楽しむ方々。麻雀かなぁと覗いたらトランプ、この光景は他の公園でも見られました。
みなさん楽しそう〜
c0186410_17554803.jpg

上海を代表する観光スポット! ウォーターフロント・外灘(ワイタン Bund)へ移動。
歴史的建築物が並び、まるでヨーロッパのようです。
c0186410_18161173.jpg

丸い玉が付いた塔はテレビ塔、そして栓抜きのような塔は上海のランドマーク的存在の森ビルが手がける「上海環球金融中心」通称『上海ヒルズ』地上101階、高さ492m。
夜景を見るために登る予定です。隣の上海イチ高い『上海センター(上海中心大廈)』に上ってみたかったのですが展望台がまだ出来ていないそうです。
c0186410_18132091.jpg

次に案内されたのは1920〜30年代に建てられた「石庫門住宅」を修復し旧フランス租界の町並みを再現した『新天地』。
c0186410_18440153.jpg
ガイドさんとぐるっと廻った後は自由行動。
ガイドさんお薦めのパン屋さんへ行ってみました。
コーヒーとパンを買って休憩、とってもお洒落で美味しいパン屋さんですが安くてビックリ。
c0186410_18473127.jpg


c0186410_18475521.jpg
ここ新天地はお洒落で素敵なところでした。
ハーゲンダッツ、スタバはもちろんのこと、ウルフ・ギャングや俺のシリーズまでありました。
c0186410_19492109.jpg
c0186410_19500204.jpg
もうちょっとここにいたかったなぁ〜

こんなお洒落なところに「中国共産党第一次全国代表大会会址」記念館がありました。
c0186410_20012996.jpg



by cathrine627 | 2017-03-15 17:25 | | Comments(0)

桜まつり sanpo

日本で最も早咲きの桜『あたみ桜』を見ることが出来ると聞いて急遽新幹線に飛び乗り行って来ました。

ちょうど今日から2月12日まで「桜まつり」が開催されていました。

桜まつり会場に行く前にまずは海岸へ
c0186410_21250775.jpg
c0186410_21243089.jpg
会場の糸川沿いは桜が満開
c0186410_21274016.jpg
メジロちゃんもたくさんいました。 
c0186410_21301273.jpg
c0186410_21303362.jpg
皆さん、メジロちゃん撮影に夢中でした。
朝のうちはメジロちゃんしかいなかったのにランチを済ませて戻ってみると今度はスズメとムクドリばかりでした。
c0186410_21385612.jpg
芸者さん発見
c0186410_21373531.jpg
ランチはこちらの↓人気店『囲炉茶屋 』でお刺身定食をいただきました。
c0186410_21440086.jpg


昭和レトロな街撮りを楽しんだ後はお気に入りのカフェで休憩し、お夕飯用にお土産を買って帰宅しました。

by cathrine627 | 2017-01-21 21:17 | お出かけ | Comments(0)

絶景5景めぐり vol.2

次の目的地は『小湊鉄道』
c0186410_1231648.jpg

高滝〜上総牛久駅間を実際に乗車しました。
c0186410_1235879.jpg


最後の目的地は有名なアニメ映画のモチーフになったとも言われている『江川海岸』

カメラが趣味の方たちのツアーではなかったため、今回の5カ所の目的地をご存じない方が大半。
江川海岸に関しては陽が落ちてしまったこの時間に何故行くのかとの疑問をお持ちの方が多かったようです。添乗員さんの「海の中の電柱が有名なんですよ」の説明にも「???」のご様子でしたので、席の周りの方に今年2月の寒い中、訪れた時の写真をお見せしたら、どんな場所なのかご理解いただけたようです。
c0186410_12261391.jpg

スマホ撮影の方がほとんどでしたが、構図などちょこっとアドバイスさせて頂いたらご自分で撮られたお写真を見て大変喜んでいただきました。
c0186410_12242632.jpg


1日で5ヶ所も廻るので忙しいのかなぁと思いましたが、広い房総を自分の運転で廻るのは大変。
寝ている、あるいは座っておしゃべりを楽しんでいる間に目的地まで運んでくださるのですごく楽でした。また運転手さん、添乗員さん、ご一緒した方々にも恵まれ楽しい旅でした。

今回はロケハンのつもりで行ってきましたので、今度は写真を撮る目的でゆっくり廻りたいと思います。
by cathrine627 | 2016-05-26 12:01 | お出かけ | Comments(0)

絶景5景めぐり

1年ぶりのブログ更新。

桜の時期の千葉への旅行を骨折のために余儀無くキャンセルしたため、『一生に一度は目にしたい絶景5景めぐり』のご案内メールを見たときに心が動きました。
もちろんギブスが外れ、順調な回復を確信してから申し込みましたよ。

一人で行こうと思っていたけれど息子の予定と合ったため息子と二人での参加。
今回初登場のツアーだそうですが人気のためかバス3台でしゅっぱ〜つ。でもこの3台は目的地は同じでも回るルートが違うそうで、激混みは回避できそうです。

私たちのバスは先ずは絶景を望む「鋸山」へ
目的地は「地獄覗き」
c0186410_9211342.jpg

晴れていると海が見えるそうです。「地獄のぞき」へ向かうにはキツ〜イ階段を登りますので、これを見て,
行ってみたくなった方は覚悟して行ってください。「この階段が地獄」かと思うほど、まさに苦行です。

この後、「千五百羅漢」を見て、先ほど見逃してしまった「百尺観音」を見るためにちょっと戻りました。
切り通しを抜けると山肌を削って作られた観音様が現れます。
c0186410_1093070.jpg

圧巻です。 かつてバーミヤン渓谷にあった像を思い出させられました。

次は無人島『仁右衛門島』へ向かいます。
砂岩で出来ている太平洋に浮かぶ、個人所有の島は1180年、石橋山の戦いに敗れた源頼朝が安房に逃れた際、平野仁右衛門に助けられ、この島で平家軍から一時身を隠し、巻き返しを図ったと言い伝えられるそうです。
島へは手こぎ二丁櫓の舟で渡ります。
c0186410_10561074.jpg

島内も本を持ってきて海を眺めながら、のんびり過ごしたいなぁ〜と思わせるような場所でした。
船着き場のある太海の長閑な漁師町と言った印象。
カメラをやっていなければ心惹かれることがなかったかもしれないけれど(ごめんなさい)、カメラを持ってゆっくり撮り歩いてみたいねと息子と意見が一致。
c0186410_11122539.jpg

c0186410_11124079.jpg


次は行ってみたかった『濃溝の滝』へ
ハート型の光を見るには時期や時間も関係するそうですが、今回はとりあえずのロケハン。
c0186410_11291854.jpg

想像していたよりもずっと広く大きいのでびっくりしましたが、緑豊かで良い所。
女性一人でも来ても大丈夫ね。

道の駅に寄ってから、次の目的地へ。

by cathrine627 | 2016-05-26 09:35 | お出かけ | Comments(0)