今回の旅の目的は旬のいちご🍓をさまざまな形で堪能する「民藝いちご滞在」
イチゴ🍓好きな娘に付き合って行った星野リゾート・界鬼怒川へ。

チェックイン後にお部屋でイチゴ🍓スパークリングワイン🍷と一緒に頂いたいちごスイーツといちご3種食べ比べ🍓

1段目:いちごのマカロン、ドライイチゴを丸ごと包んだチョコレート、ドライいちご

2段目: いちごのドーナツ、いちごのカステラ

3段目: いちご大福といちごの羊羹

4段目: 幻のイチゴとちひめ、スカイベリー、とちおとめ

どれも美味しかったわ〜 (๑´ڡ`๑) ˄̻ ̊
c0186410_16532261.jpeg
c0186410_16533881.jpeg
c0186410_16535174.jpeg
c0186410_16540240.jpeg
c0186410_16541356.jpeg



# by cathrine627 | 2019-02-21 16:43 |
いちご好きな娘に付き合って、旬のいちご🍓を様々な形で堪能する
「民藝いちご滞在プラン」を楽しむため星野リゾート・階鬼怒川へ行ってきました。

雪の心配もあってチンクエチェント(FIAT500)はお留守番、冬の間だけJR宇都宮駅に宿直通送迎バスが来てくれると言うので電車で宇都宮へ行き送迎バスにお世話になりました。
宿に着くと駐車場からはスロープカーで入口へ向かいます。
ここからワクワクです。
c0186410_19321950.jpeg
c0186410_20075157.jpeg
ロビーではチェックインの手続きをする間 ウエルカムドリンクとして林檎ジュースをいただきました。
c0186410_19353077.jpeg
お部屋は3階
c0186410_19383954.jpeg
c0186410_19392439.jpeg
c0186410_19400856.jpeg
c0186410_19403558.jpeg
c0186410_19410680.jpeg
アメニティが包んであった風呂敷でバッグを作り館内持ち歩き用バッグにします。
c0186410_19420253.jpeg
美しいキーホルダー🗝
c0186410_20084860.jpeg








# by cathrine627 | 2019-02-21 15:30 |
津軽塗やこけし、凧絵、南部裂織やこぎん刺しなど伝統工芸の多い青森。
せっかくなので手作り体験のできる『おもり工房』を予約しておきました。
「なに作る?」
持ち帰りのことも考えて係りの方と相談しながら「八幡馬」に決めました。
c0186410_18110722.jpg
片面づつ仕上げていきます。
片面が出来たらお兄さんに声をかけ、乾かしてもらいながら黙々と。
自分に作れるのか不安でしたが、進めて行くうちに楽しくなっちゃって・・・

出来上がった「八幡馬」は完全に乾くまで袋に入れることも出来ないので、
お茶をしている間に乾くかなぁ!?と「八幡馬ラウンジ」に持っていき、大きな八幡馬と共に記念撮影。





# by cathrine627 | 2018-01-13 17:33 |
あけましておめでとうございます🎍

元旦の朝です。
まずは露天風呂へ、一番のり〜
朝早いのにお掃除がしっかりと済まされていて椅子も桶も綺麗に並んでいて気持ちいい。

朝食会場へ
郷土料理と共にお節料理も用意されていました。
お節料理はあまり好きじゃないのですが縁起物ですからひと通りいただきました。

c0186410_11065701.jpg
朝食前に通った「じゃわめぐ広場」ではお正月イベントの準備をいていたので朝食は控えめにしておこう。

じゃわめぐ広場ではお餅つきの体験が出来たり、お雑煮、きなこもち、お汁粉などが提供されていました。
c0186410_11192667.jpg
昨日は枯れていて飲めなかった「りんごジュース」も飲みました。
りんごの木の蛇口をひねるとジュースが出ます。
モデルは娘です。
c0186410_08534059.jpg

さぁ、お部屋に戻って『奥入瀬渓流ツアー』の準備をしなくちゃ。
寒そうですのでしっかり防寒!!

元旦から渓流ツアーに参加される方はいらっしゃらないかと思ったら結構多いわ。

ホテルから奥入瀬までバスで1時間ほどかかりますが、途中でガイドさんが同乗。
現地に到着するまでの間いろいろな説明をしてくださいます。
奥入瀬渓流の成り立ちから形状そして「カツラ、ブナ」などの木々の特徴などを教えていただきました。
今まで何気なく見ていた木々もこうやって聞いてみると面白い。
登山の時にも役立つかもしれないから木の勉強してみようかしら?!なんて思いましたけど,
いつまでこの気持ちが続くのか?!

奥入瀬は期待したよりちょっと雪が少なめ?!
氷点下ではありますが、これでも暖かめだったようです。
雪が降っていることを想定してスピードライトをしっかり準備したけど出る幕無し。
無理やり使ってみましたけど・・・
スピードライト付きの一眼レフカメラ、あなたは誰、一体何を撮るの?状態でした。
c0186410_12251725.jpg
氷瀑が見られて良かった。
途中 スノーシューをつけて雪の中を散歩している方々を見かけました。
私も今度はアレやってみたいなぁ。
c0186410_12254683.jpg

c0186410_12260694.jpg

十和田湖に着きました。
c0186410_12261767.jpg
すご〜い風と寒さです。
湖なのに波がすごくてまるで海みたい。
打ちつけた波が橋の欄干に当たり凍っています。
c0186410_12262753.jpg

山々は見えない。
c0186410_12263688.jpg
奥入瀬渓谷唯一の休憩所で開催されていた十和田出身の写真家さんのお写真が素敵でした。
あんな風に撮りたいなぁと心弾ませていましたが、季節がまだ早かったのかなぁ
木々にはまだ雪が付いていなかったわ。

十和田湖を後にして蔦温泉に向かいました。
平安時代に開湯された源泉が足元から湧出する日本有数の秘湯。
趣のある素敵な温泉です、宿泊施設もあるようです。
温泉に入って冷えた身体を温めたり、休憩室で休んだりして過ごしました。
c0186410_08512882.jpg

ホテルへ戻って遅めの昼食を取りましょう。

にんにくラーメン
青森はにんにくの産地ですものね。
c0186410_17264689.jpg
さぁ、早く食べなきゃ!! この後も予定びっしり。





















# by cathrine627 | 2018-01-09 10:41 |
そろそろお食事の時間が迫ってきましたので戻りましょう。
その前に浴衣を借りなきゃ!!
お部屋には作務衣とサンダル、下駄が用意されていますが浴衣を借りることもできます。
写真の上は男性用、女性用もたくさんありましたが撮り忘れました105.png
c0186410_21143973.jpg
右下はスマホで撮った私の浴衣姿、浴衣の上に羽織を着て下駄履き。
お部屋には1人に1つタオル類が入ったカゴが用意されていますので
温泉に行くとき以外でも皆さんこれを活用されていました。
このカゴはとても便利で重宝でした。

さぁ、いよいよお夕食です。
青森屋には3カ所のお食事処がありますが、大晦日の夜くらい賑やかに過ごそうと
ショーレストラン『みちのく祭りや』を予約しておきました。

お食事会場の手前『ヨッテマレ酒場』ではシードルやりんごジュースを無料で提供しています。
シードルで気分を盛り上げていよいよ入場。
案内された席はなんと中央の一番前150.pngよく見えすぎて恥ずかしい〜 

会場には実際にねぶた祭りで使われたねぶたが飾られています。
c0186410_08140140.jpg
海の幸・山の幸を詰め込んだ「お祭りずっぱ御膳」「五段蒸篭蒸し」郷土料理の「せんべい汁」などを頂きました。
c0186410_08032405.jpg
お食事がひと段落つく頃からいよいよショーが始まりました。
舞台の上では津軽三味線、南部民謡や
青森4大祭り「弘前ねぷた」「五所川原立佞武多」「青森ねぶた」「八戸三社大祭」のお囃子。
ねぶたって「ラッセーラ」の掛け声で1種類だと思っていましたが、土地によって掛け声もリズムも違うんですね。
c0186410_08424814.jpg
これらの演出は全てホテルの従業員の方々。
「あっ、さっきお部屋に案内してくれた女性だわ」
頭が下がります。
ホテル従業員として本当に一生懸命働いている姿を拝見していただけにその合間に練習もし舞台にも上がって・・・

後方では臨場感あふれるねぶたの動きと共に「跳人(はねと)」の体験が出来ます。
参加されるのであれば浴衣で会場にいらした方が絵になりますね。

締めはスタッフの方から青森の方言を教えていただき幕が閉まりました。
へばな〜
またね〜、じゃぁね〜、バイバイ


このあとお風呂へ
お風呂は写真を撮る事が出来ないのでHPからお借りしました。

青森ヒバをふんだんに使った内湯、ヒバのいい香りが立ち込めています。
c0186410_10111957.jpg
そして池に浮かぶ露天風呂「浮湯」
ねぶた灯篭が浮かんでいます。
c0186410_10144277.jpg
温まったところでベッドに入りたいところですが、大晦日ですものね。
一旦お部屋に戻ってから『じゃわめぐ広場』へ

お土産を見たりした後はイカ型の「イカこたつ」で年越し蕎麦とイカコロネを娘とシェア。
c0186410_10301699.jpg
このあと一気に眠気に襲われカウントダウンイベントに参加出来なかった事が悔やまれます。
23:45頃までは記憶があるのですが・・・105.png




# by cathrine627 | 2018-01-08 21:12 |

日々の事、趣味のこと・・・気ままにつづっています


by cathrine627