あけましておめでとうございます🎍

元旦の朝です。
まずは露天風呂へ、一番のり〜
朝早いのにお掃除がしっかりと済まされていて椅子も桶も綺麗に並んでいて気持ちいい。

朝食会場へ
郷土料理と共にお節料理も用意されていました。
お節料理はあまり好きじゃないのですが縁起物ですからひと通りいただきました。

c0186410_11065701.jpg
朝食前に通った「じゃわめぐ広場」ではお正月イベントの準備をいていたので朝食は控えめにしておこう。

じゃわめぐ広場ではお餅つきの体験が出来たり、お雑煮、きなこもち、お汁粉などが提供されていました。
c0186410_11192667.jpg
昨日は枯れていて飲めなかった「りんごジュース」も飲みました。
りんごの木の蛇口をひねるとジュースが出ます。
モデルは娘です。
c0186410_08534059.jpg

さぁ、お部屋に戻って『奥入瀬渓流ツアー』の準備をしなくちゃ。
寒そうですのでしっかり防寒!!

元旦から渓流ツアーに参加される方はいらっしゃらないかと思ったら結構多いわ。

ホテルから奥入瀬までバスで1時間ほどかかりますが、途中でガイドさんが同乗。
現地に到着するまでの間いろいろな説明をしてくださいます。
奥入瀬渓流の成り立ちから形状そして「カツラ、ブナ」などの木々の特徴などを教えていただきました。
今まで何気なく見ていた木々もこうやって聞いてみると面白い。
登山の時にも役立つかもしれないから木の勉強してみようかしら?!なんて思いましたけど,
いつまでこの気持ちが続くのか?!

奥入瀬は期待したよりちょっと雪が少なめ?!
氷点下ではありますが、これでも暖かめだったようです。
雪が降っていることを想定してスピードライトをしっかり準備したけど出る幕無し。
無理やり使ってみましたけど・・・
スピードライト付きの一眼レフカメラ、あなたは誰、一体何を撮るの?状態でした。
c0186410_12251725.jpg
氷瀑が見られて良かった。
途中 スノーシューをつけて雪の中を散歩している方々を見かけました。
私も今度はアレやってみたいなぁ。
c0186410_12254683.jpg

c0186410_12260694.jpg

十和田湖に着きました。
c0186410_12261767.jpg
すご〜い風と寒さです。
湖なのに波がすごくてまるで海みたい。
打ちつけた波が橋の欄干に当たり凍っています。
c0186410_12262753.jpg

山々は見えない。
c0186410_12263688.jpg
奥入瀬渓谷唯一の休憩所で開催されていた十和田出身の写真家さんのお写真が素敵でした。
あんな風に撮りたいなぁと心弾ませていましたが、季節がまだ早かったのかなぁ
木々にはまだ雪が付いていなかったわ。

十和田湖を後にして蔦温泉に向かいました。
平安時代に開湯された源泉が足元から湧出する日本有数の秘湯。
趣のある素敵な温泉です、宿泊施設もあるようです。
温泉に入って冷えた身体を温めたり、休憩室で休んだりして過ごしました。
c0186410_08512882.jpg

ホテルへ戻って遅めの昼食を取りましょう。

にんにくラーメン
青森はにんにくの産地ですものね。
c0186410_17264689.jpg
さぁ、早く食べなきゃ!! この後も予定びっしり。





















# by cathrine627 | 2018-01-09 10:41 |
そろそろお食事の時間が迫ってきましたので戻りましょう。
その前に浴衣を借りなきゃ!!
お部屋には作務衣とサンダル、下駄が用意されていますが浴衣を借りることもできます。
写真の上は男性用、女性用もたくさんありましたが撮り忘れました105.png
c0186410_21143973.jpg
右下はスマホで撮った私の浴衣姿、浴衣の上に羽織を着て下駄履き。
お部屋には1人に1つタオル類が入ったカゴが用意されていますので
温泉に行くとき以外でも皆さんこれを活用されていました。
このカゴはとても便利で重宝でした。

さぁ、いよいよお夕食です。
青森屋には3カ所のお食事処がありますが、大晦日の夜くらい賑やかに過ごそうと
ショーレストラン『みちのく祭りや』を予約しておきました。

お食事会場の手前『ヨッテマレ酒場』ではシードルやりんごジュースを無料で提供しています。
シードルで気分を盛り上げていよいよ入場。
案内された席はなんと中央の一番前150.pngよく見えすぎて恥ずかしい〜 

会場には実際にねぶた祭りで使われたねぶたが飾られています。
c0186410_08140140.jpg
海の幸・山の幸を詰め込んだ「お祭りずっぱ御膳」「五段蒸篭蒸し」郷土料理の「せんべい汁」などを頂きました。
c0186410_08032405.jpg
お食事がひと段落つく頃からいよいよショーが始まりました。
舞台の上では津軽三味線、南部民謡や
青森4大祭り「弘前ねぷた」「五所川原立佞武多」「青森ねぶた」「八戸三社大祭」のお囃子。
ねぶたって「ラッセーラ」の掛け声で1種類だと思っていましたが、土地によって掛け声もリズムも違うんですね。
c0186410_08424814.jpg
これらの演出は全てホテルの従業員の方々。
「あっ、さっきお部屋に案内してくれた女性だわ」
頭が下がります。
ホテル従業員として本当に一生懸命働いている姿を拝見していただけにその合間に練習もし舞台にも上がって・・・

後方では臨場感あふれるねぶたの動きと共に「跳人(はねと)」の体験が出来ます。
参加されるのであれば浴衣で会場にいらした方が絵になりますね。

締めはスタッフの方から青森の方言を教えていただき幕が閉まりました。
へばな〜
またね〜、じゃぁね〜、バイバイ


このあとお風呂へ
お風呂は写真を撮る事が出来ないのでHPからお借りしました。

青森ヒバをふんだんに使った内湯、ヒバのいい香りが立ち込めています。
c0186410_10111957.jpg
そして池に浮かぶ露天風呂「浮湯」
ねぶた灯篭が浮かんでいます。
c0186410_10144277.jpg
温まったところでベッドに入りたいところですが、大晦日ですものね。
一旦お部屋に戻ってから『じゃわめぐ広場』へ

お土産を見たりした後はイカ型の「イカこたつ」で年越し蕎麦とイカコロネを娘とシェア。
c0186410_10301699.jpg
このあと一気に眠気に襲われカウントダウンイベントに参加出来なかった事が悔やまれます。
23:45頃までは記憶があるのですが・・・105.png




# by cathrine627 | 2018-01-08 21:12 |
娘が「年末年始のお休みは大晦日から数日しかお休みがないのでそこを利用して旅行をしたい」と
当初は京都の星野リゾートで迎えるつもりが予約が取れず、なぜか東北へ。
「雪も撮れそうだし、いいでしょ?」と私がお付き合いするらしい。
年末年始の星野リゾートなんて高そう148.png

青森には3件の星野リゾートがありますが、大晦日・元旦くらい楽しく過ごしたいと青森屋に決めました。
年末年始に飛行機は予約が取れず、新幹線で。
♪行くぜ、東北。レールに乗って、こりゃたまらん・らん♪

在来線に乗ってみたくて八戸駅でのお迎えでなく、青い森鉄道・三沢駅からお迎えバスに乗ることにしました。
青森屋ではポニーちゃんがお迎えしてくれます。

c0186410_20042514.jpg

お部屋に案内していただいた後は館内探検
青森の名産の灯篭に彩られた廊下が可愛い💕
c0186410_20120133.jpg

敷地内にある昭和レトロな「元湯」へ行ってみました。
敷地内にありながら少し離れているので定期的に送迎バスが出ています。
こちらは宿泊者だけでなく地元のかたが多く利用されているようです。
(朝風呂文化に馴染みのある地元の方々に愛され、憩いの場として親しまれているそうです。もちろん宿泊者は無料です。)
c0186410_20253465.jpg

庭園も散策してみましょう
庭園の真ん中には大きな池がありますが、池を一周するだけで徒歩でおよそ40分。
c0186410_20283544.jpg
庭園に入るといきなり「足湯」を発見。
(足湯には屋根もあるし、タオルがいっぱい用意されていました。手入れも行き届き、木の葉なんて浮いていないですよ。)

足湯に入りながら庭園を眺めたり、同じく庭園を眺めながら入る事ができる炬燵に入ってみたり
全部体験してみようと思うとなかなか忙しい〜
c0186410_20440414.jpg
お月様も出ていますが、まだまだ5時前。
お夕食まで時間があるので「八幡馬ラウンジ」へ
館内には無料のラウンジもありますが、こちらの八幡馬ラウンジは有料。
1500円で24時間後まで利用する事が出来ます。
コーヒーをはじめ、日本酒やカクテル、りんごジュースなどが飲み放題、お菓子も置いてあります。
青森の伝統工芸品の八幡馬のモチーフをあちこちに散りばめた落ち着いたラウンジですっかりお気に入り。
c0186410_21010994.jpg







# by cathrine627 | 2018-01-08 19:17 |

豪徳寺

中学生の頃 同級生が住んでいたので馴染み深い豪徳寺、学校の帰りに寄ったこともあったなぁ

世田谷線の一日乗車券を買って豪徳寺へ行ってきました。
紅葉はもう終わっているかな?!と思っていたのですが、ちょうど見頃?! カメラおじ様が大勢いらしていました。
c0186410_19230361.jpg

c0186410_19291860.jpg

ボランティアの方が説明してくださったので見落としがちなところもしっかりみてきました。
三重の塔にいる隠れ猫さん🐈
c0186410_19280500.jpg
画像が小さくて見え難いですが、上と下の中央にそれぞれ白い猫さんがいます。
c0186410_19280610.jpg

有名な招き猫さん
c0186410_19314791.jpg

c0186410_19314884.jpg

陽が当たってモミジが綺麗でした🍁
c0186410_19324484.jpg

持って行ったレンズの特性でフレアが凄い!
c0186410_19325059.jpg
青春の思い出のお店『甘味処・おじか』さんへ
学校帰りによく友人たちと立ち寄った甘味処
当時はおじいさんとおばあさんがやっていらしたのですが、一時閉店ののち娘さんが継いだようです。
お話をお伺いしたところ内装を綺麗にしただけで何も変えていないいそうです。
c0186410_19454338.jpg


またまた電車に乗って「太子堂八幡神社」へ

珍しい絵馬を発見👀
くり抜くそうです。
c0186410_19555434.jpg

c0186410_19560266.jpg

御朱印も可愛い💕
c0186410_19592306.jpg












# by cathrine627 | 2017-12-02 18:56 | 東京ぶらり

NEST INN HAKONEへ

閉館した100年以上の歴史ある老舗名旅館がリニューアルされ再オープンしたと聞いて
気になっていましたが、なかなか行けずにいました。

今回 箱根に行くことになり、いい機会かも?!と
急遽予約を取りお泊まり。

ハイジさんと別れて1人でホテルへ向かう道は既に真っ暗。
まだ5時台なんですけどね。
ちょっと心細かったけど・・・

レセプションに通されると挽きたて入れたてのコーヒーとラスクを頂きながらチェックインの手続き。
c0186410_21072956.jpg
c0186410_15333483.jpg

c0186410_21073085.jpg

1人でのんびりするつもりが、
仕事が終わったら娘が来ると言い出し、またまた親娘旅。

娘のお迎え時間まで「Free Bird」でひとりを楽しみましょう。
c0186410_15360320.jpg
先客のカップルは直ぐに出て行ってしまい,
その後は誰も来ず貸切状態。
写真を撮ったり、お茶やお菓子をいただいたり
c0186410_15363217.jpg
「Free Bird」の前のテラスはイルミネーションが施されていました。
c0186410_15585277.jpg


夜の10時近くに湯本に着くと言う娘を湯本駅までお出迎え。
(車で30分ほどの道のり、温泉街を抜け お迎えと言うよりドライブ)

ホテルへ戻ると「冷えたお身体をコーヒーで暖めてください」と
コーヒーを入れてくださいました。
c0186410_21163421.jpg


温泉で暖まりましょう。
森に佇む温泉棟『Bird Bath』
暗すぎるので温泉へのアプローチは翌朝撮りました。
雨で濡れ、落ち葉が散り、いい感じ?!
c0186410_15393276.jpg
大涌谷から引かれた源泉掛け流しの湯、少しとろみがあり滑らかな肌触りでした。
写真のこちら↓は内湯、右手の扉の向こうに露天風呂があります。
(客層が若いからでしょうか、早朝から温泉に入る方はいないようで早朝覗きに行ったら誰もいなかったのでパチリ。)
c0186410_15395382.jpg

薪ストーブの設置されたお部屋に泊まりたかったのですが、ストーブを使うほどまだ寒くないの
でスタンダードなお部屋にしました。
薪ストーブのあるお部屋は寒い日のまたの機会に。

お部屋からの眺めは森のみ。
窓からの眺めは自宅と変わらないのですが、静けさが違います。
(我が家の前も保存緑地なので下の階にお邪魔した時は木々しか見えずまるで軽井沢にいるかのようでした。
ただその緑地の向こうは結構な交通量で鳥の囀りと共に車の音が聞こえるのです。)
c0186410_15565664.jpg
c0186410_16001756.jpg

朝食までまだまで時間があるので『Free Bird Cafe』でモーニングコーヒーを頂きました。
向こうに見えるのがレストラン棟の『Wood Side Restaurant』
c0186410_16041918.jpg
朝食の時間
c0186410_16261950.jpg
サラダは「野菜を野菜で食べる」と言うコンセプトの元
6種類の野菜のドレッシングが用意されていました。

c0186410_16263609.jpg

エキスを抽出した野菜・フルーツジュース5種
食事はビュッフェ形式ですが、こちらのジュースは全員にサーブされます。
c0186410_16311839.jpg

c0186410_16412219.jpg

食後はチェックアウトの時間までそれぞれ部屋やFree Birdでゆっくりと過ごし、
雨でしたが御殿場アウトレットでお買い物を楽しんでから帰宅しました。





















# by cathrine627 | 2017-10-21 20:53 |

日々の事、趣味のこと・・・気ままにつづっています


by cathrine627