年末年始を東北で 〜星野リゾート・青森屋〜 vol.2

そろそろお食事の時間が迫ってきましたので戻りましょう。
その前に浴衣を借りなきゃ!!
お部屋には作務衣とサンダル、下駄が用意されていますが浴衣を借りることもできます。
写真の上は男性用、女性用もたくさんありましたが撮り忘れました105.png
c0186410_21143973.jpg
右下はスマホで撮った私の浴衣姿、浴衣の上に羽織を着て下駄履き。
お部屋には1人に1つタオル類が入ったカゴが用意されていますので
温泉に行くとき以外でも皆さんこれを活用されていました。
このカゴはとても便利で重宝でした。

さぁ、いよいよお夕食です。
青森屋には3カ所のお食事処がありますが、大晦日の夜くらい賑やかに過ごそうと
ショーレストラン『みちのく祭りや』を予約しておきました。

お食事会場の手前『ヨッテマレ酒場』ではシードルやりんごジュースを無料で提供しています。
シードルで気分を盛り上げていよいよ入場。
案内された席はなんと中央の一番前150.pngよく見えすぎて恥ずかしい〜 

会場には実際にねぶた祭りで使われたねぶたが飾られています。
c0186410_08140140.jpg
海の幸・山の幸を詰め込んだ「お祭りずっぱ御膳」「五段蒸篭蒸し」郷土料理の「せんべい汁」などを頂きました。
c0186410_08032405.jpg
お食事がひと段落つく頃からいよいよショーが始まりました。
舞台の上では津軽三味線、南部民謡や
青森4大祭り「弘前ねぷた」「五所川原立佞武多」「青森ねぶた」「八戸三社大祭」のお囃子。
ねぶたって「ラッセーラ」の掛け声で1種類だと思っていましたが、土地によって掛け声もリズムも違うんですね。
c0186410_08424814.jpg
これらの演出は全てホテルの従業員の方々。
「あっ、さっきお部屋に案内してくれた女性だわ」
頭が下がります。
ホテル従業員として本当に一生懸命働いている姿を拝見していただけにその合間に練習もし舞台にも上がって・・・

後方では臨場感あふれるねぶたの動きと共に「跳人(はねと)」の体験が出来ます。
参加されるのであれば浴衣で会場にいらした方が絵になりますね。

締めはスタッフの方から青森の方言を教えていただき幕が閉まりました。
へばな〜
またね〜、じゃぁね〜、バイバイ


このあとお風呂へ
お風呂は写真を撮る事が出来ないのでHPからお借りしました。

青森ヒバをふんだんに使った内湯、ヒバのいい香りが立ち込めています。
c0186410_10111957.jpg
そして池に浮かぶ露天風呂「浮湯」
ねぶた灯篭が浮かんでいます。
c0186410_10144277.jpg
温まったところでベッドに入りたいところですが、大晦日ですものね。
一旦お部屋に戻ってから『じゃわめぐ広場』へ

お土産を見たりした後はイカ型の「イカこたつ」で年越し蕎麦とイカコロネを娘とシェア。
c0186410_10301699.jpg
このあと一気に眠気に襲われカウントダウンイベントに参加出来なかった事が悔やまれます。
23:45頃までは記憶があるのですが・・・105.png




by cathrine627 | 2018-01-08 21:12 |

日々の事、趣味のこと・・・気ままにつづっています


by cathrine627